Top > 犬の脱毛を伴う病気

犬の脱毛を伴う病気

犬の病気の症状の中で、一見してわかりやすいものの一つが、脱毛です。かゆみを伴わない場合は、かくなどの動作を行わないために、飼い主が気づきにくい場合が多いですが、ブラッシング等をこまめに行うようにすると、犬の病気の早期発見につながります。
脱毛の部位や形状によって、犬の病気も異なります。円形に脱毛が始まり、次第に全身に広がっていくようだと、犬の病気としては、皮膚真菌症が考えられます。犬の病気ではありますが、人間にも感染することがあり、対応には十分注意する必要があります。犬の皮膚の病気の中でも、かゆみを伴っていて、かくことにより傷ができ、化膿したり、出血したり、脱毛する場合は、アレルギー性皮膚炎が考えられ、花粉やほこりなど、原因は様々です。犬の脱毛を伴う病気の中でも、甲状腺機能低下症や副腎皮質機能亢進症は、体の左右対称に脱毛するなどの特徴もありますが、他の病気の症状と見分けがつきにくいこともあります。
この他にも、犬の病気の中で脱毛を伴うものとしては、ノミアレルギーやニキビダニ症などがありますが、他の病気である場合もあり、脱毛と言う見た目にわかりやすく、比較的見つけやすい症状が表れれば、すぐに獣医師を受診することが望まれます。犬の病気と言っても、投薬で治癒できる病気であれば良いのですが、症状や進行具合によっては手術が必要になることもあるので、日々愛犬を観察してあげることが大切です。

 

 あなたのエラ気になりませんか  音ヨガ  八丈ビジターセンター  台湾式シャンプー
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
犬の耳の病気(2009年6月 5日)
犬の心臓の病気(2009年6月 5日)
犬の脱毛を伴う病気(2009年6月 5日)
犬の病気・フィラリア症(2009年6月 5日)